しろぶろ

デジタルからリアルまでたくさん遊んでたくさん遊ぶ

OTHER スーパーファミコン

SFCコントローラーの黄ばみを漂白&お掃除しよう

「あのころのかがやきをもういちど」


どうもこんにちわ、shiroといいます。

毎日楽しいゲームライフをお送りでしょうか?突然ですが、我が家にはレトロゲーム互換機の雄、『レトロフリーク』が家族の一員としてリビングに迎え入れられております。「は?レロロ?レトロフリーク?」という方はまずはコチラ(↓)のリンクからどうぞ。

昔のゲームカセットをそのまま使える多機能互換機『レトロフリーク』
https://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/

 ざっくり説明すると、このレトロフリークが1台あれば、ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、メガドライブ、PCエンジン等々、11機種のソフトが遊べちゃうっていう最高なマシンです。


そんな我が家で日夜レトロフリークを使ってファミコンやスーファミ、ゲームボーイソフト等をにやにやしながらプレイしているのですが、あるときふと思ったんです。

「せっかくだから、純正のコントローラーでゲームしたいなぁ」

って。

 ちょうど私が購入したレトロフリークは、コントローラーアダプター(各ゲームの純正コントローラーが使えるパーツ)セットのやつだったので、これで純正コントローラーで遊ぶっきゃないな、と。その時の私は決心したようです。というか、その時急にSFCの「カービィボウル」の対戦がしたくってしたくってしかたなくなってコントローラーの追加が必要になったからなんですけどね。(カービィボウルの詳細についてはコチラ

※レトロフリーク(右のパーツがコントローラーアダプター)

各ゲーム機のコントローラー端子が揃った変換アダプター

 
「スーファミのコントローラーか…買ってもいいんだけど、確か実家の物置にまだ本体と一緒に残ってるかもしれないなぁ…」

そんなこんなで久しぶりに実家の物置を探してみたら…

ありました、SFCコントローラー

もうほんとに何十年?十何年?ぶりに外界に出したスーパーファミコンのコントローラーはなんかこう…思ってたより…こう…なんだろ…まぁ、


「めっちゃきったないじゃないすか!」

 
なんだろ、想像してた思い出のコントローラーより、16倍は汚い。なんか茶色い。こんなに日焼けしちゃってたっけ?ってくらい小麦肌。ほぼギャル。正面の画像だとパッと見よく分からないかもしれないけど、サイドの部分と日焼けが比較的軽度のウラ側の部分とを見比べてみるとヤバい。

ボタンもホコリやらなんやらで汚いし、コードの部分もなんだか気持ちベタベタする気がする。とりあえず見つかってよかったけど、なんだか汚れが気になってゲームどころじゃなくなっちゃう気がする。

ってコトで、前置きがかなり長くなりましたが、今回はこの薄汚れた思い出のスーファミコントローラーをキレイにしていこうと思います。

まずは分解から

+ドライバーで、 コントローラーの裏側5ヶ所のネジを外します。

LRボタンにあるこの部分の棒状のパーツは抜き取ってなくさないように。

LRボタンを外してみると、元の色と現状の違い具合がよくわかります。

基盤を外してゴムパーツを取り、ボタンも外していきます。

中もしっかりきったないわ。

全てのパーツを取り外したら、洗浄と漂白をしていきましょう!


漬け込み漂白

ネットに漂う先人たちの力を借りて、ガワとボタンを漂白していきます。どうやら『ワイドハイターEX』が良いとのことで、自宅にあったリアル洗濯用の容器に追加で詰め替え用を購入。

水は自分の場合大体2倍から3倍くらいでつぎ足しつつ調整しました。


1日目

天気は晴れ。日中日差しの移動調整が出来なかった。なんだかまだあんまり変化はないような感じ。うっすらと。

2日目

天気は曇り。だんだんじわじわと効きはじめてるかも。やはりLRボタンは手ごわそう。

3日目

天気は雨。残念なコトに結構がっつりめの1日雨だったから室内の窓際で漬け込み。全体的に黄ばみがうっすらとしてきた印象。

4日目

天気は晴れ。休日で良い感じに晴れたから、日中は下にアルミホイルを敷いてがっつり日光を浴びさせるコトが出来た。おかげでかなり色が戻った感じ。LRボタンもあと一息。

5日目

天気は晴れ。最後にしっかり漬け込んで終了。

洗浄

漂白したパーツとゴムパーツも合わせて洗剤でキレイに洗います。使い終わった歯ブラシとかでがっつり汚れを落として乾かすと…


おぉ…すげぇ…めっちゃピッカピカじゃないっすか!」
 

素晴らしい。黄ばみもしっかりと落ちて元の色に。

やる前と比較してみてもかなりの違いがわかると思います。

組戻し

分解、洗浄したパーツを改めてもとに戻して生まれ変わったコントローラーがコチラ。

素晴らしい。まじでピカピカになりました。洗う前の汚いままのコントローラーと一緒に比較するとその差が良く分かります。

左がbeforeで右がafterです。黄ばみがしっかりと取れているのがわかると思います。

ボタンの汚れもスッキリとキレイに。


まとめ

パーツの分解も+ドライバーが1本あれば出来るし、漂白の漬け込みも基本はやりっぱなしで様子見だけだったから、比較的簡単にキレイにする事が出来ました。それにしてもかなり良い感じにピカピカになったので、これ、他のプラスチック製品の黄ばみ取りなんかもハマっちゃいそうかもしれません。

これでより一層スーファミソフトが楽しめそうですね。

それでは

-OTHER, スーパーファミコン
-