しろぶろ

デジタルからリアルまでたくさん遊んでたくさん遊ぶ

格闘ゲーム

Capcom Cap 2014

2014年12月14日の日本時間早朝の4:30からアメリカはサンフランシスコで開催された、今年最後の格闘ゲームのビックタイトルをネットで視聴しました。

Capcom Cap 2014 の出場者は16名。Capcom Pro Tour(※1) のプレミア優勝者、ランキング上位者たちが一同に会するウルⅣ(スパⅣ)最強決定トーナメントです。

(※1)Capcom Pro Tour とは世界各地で開催されるプレミア大会で優勝、またはランキング大会上位に入ることで獲得できるポイントの年間獲得上位プレイヤー達が12月に開催されるCapcom Cap 2014に招致。

カプコンとTwitchが共同開催するこの大会は、1位の賞金が30,000ドルと格ゲーイベントでは最高の賞金額となってます。日本からも、

●ももち選手
●ニシキン選手
●ウメハラ選手
●ふ~ど選手
●ボンちゃん選手

上記5名のプレイヤーが参加しました。海外からもEVO覇者の Infiltration選手(EVO2012)、Xian選手(EVO2013)、Luffy選手(EVO2014)や、アメリカの有名プレイヤーJustin Wong選手やPR Balrog選手、Ricky Ortiz選手など、間違いなく今のウルⅣ最強の座を決めるに相応しい大会となりました。

結果的には、日本のももち選手が見事優勝!!2回戦目でルーザーズに落ちるも、そこから怒涛の快進撃を進め、ウィナーズで待つXian選手とグランドファイナルへ。リセット(ウィナーズのXian選手がアドバンテージで1勝している)に持ち込み次セットも1-3で優勝を決めた。

最近私生活がばたばたとしていて、自宅で全く格闘ゲームをプレイできなくなって、動画すらなかなか視聴できずにいたんだけど、今年最後のお祭りだし、早朝だし、見たいな見たいな~と思っていたから、いや~日本人選手の優勝はかなりテンションが上がりました! いや~それにしても、決勝はもちろんなんだけど、イギリスのサガット使いRyan Hart選手がウィナーズの2回戦でももち選手と当たるときに、リュウを選択したのもびっくりしたし、その試合でルーザーズに落とされたももち選手が再び勝ちあがってルーザーズでRyan Hart選手のリュウにリベンジを果たした試合、あれには本当に興奮した!最後の最後まで勝利をあきらめない姿勢からのめくり竜巻→中足波動セビキャン→ウルコン2の逆転劇は盛り上がらないわけがない!この動画は是非視聴して損はないっす!!

その他にも、ウルⅣオメガエディションのエキシビジョンや、新作「ストリートファイターⅤ」の新しいトレイラー、プレイアブルのエキシビジョンマッチなど盛りだくさんな内容でした。

当日お披露目されたトレイラーには、あのキャラの登場を予感させるシーンが

ストⅤのプレイアブルデモも初公開。キャラクターはリュウと春麗のみだったが、通常技のモーションなんかも結構変わっていた。ステージ破壊や小物を使ったギミック(?)など新しい要素もちらほら見受けられた。

その他にも、カプコンの小野統括プロデューサーから、来年のカプコンカップ開催のアナウンスや賞金総額が50万ドル(!?)の大幅アップの発表があったりなど、これからますます格闘ゲームのシーンが新しいステージへと変わっていくのではないかと思わせる内容でした。

日本選手が世界の舞台で活躍するのは純粋に嬉しいですが、自分の好きな格闘ゲームで同じ日本人が頂点に立つというのは、なんとも感動的でした。ももち選手改めておめでとうございました。日曜の朝から興奮させてくれて有難う!

格闘ゲームってなんか敷居が高そう...と思ってる方も、まずは動画でなにこれ面白そう〜から入ってみて、実際にプレイしてみたりしてはいかがでしょうか。家庭用でネット対戦も気軽にできるようになったし、こういった動画やニュースで興味を持った人たちがプレイヤーとなって、ますます格闘ゲームブームが活発になっていけばいいなと、思いました。

俺も、やりたいな。。

参考サイト カプコンカップ公式

 

それでは

-格闘ゲーム